なぜ結婚指輪は左手の薬指にはめるの?起源や意味、結婚・婚約指輪の選び方

結婚のマストアイテムである「結婚指輪」。

左手の薬指にはめるのが王道ですが、その理由をご存知ですか?

結婚指輪にまつわる意外な真実をお届けします。

結婚指輪を左手の薬指にはめる理由はズバリ…!

Where(どこで)
 古代ローマにおいて

What(何が)
 左手の薬指が

Why(なぜ)
 心臓につながる特別な指だったため

How(どのように)
 婚約の証として

指輪をはめたのが起源です。

薬指は心臓に直結する特別な指

結婚指輪を左手の薬指にはめるのは、心臓につながる指だからという説が有名です。

薬指には心臓に直結する太い血管が通っており、そこに指輪をはめることを特別視したのが起源となります。

古代ローマから始まった結婚指輪の歴史

薬指と心臓との結びつきは、ローマの解剖学から生まれた考えです。

心臓は愛や心を司るものであり、そこに通ずる薬指は特別なパーツでした。

指輪は服従や支配を意味するものでもありましたが、これはギリシャ・ローマ神話におけるプロメテウスの指輪に由来します。

ゼウスの怒りを買ったプロメテウスが隷従を誓う証しとして、鉄の指輪をはめさせられた神話が元。

これらの信仰から、薬指に指輪をはめることで花嫁の心を支配する、特別な繋がりを示すなどの意図があったと推測されます。

指輪が用いられたルーツ

紀元前1世紀頃のローマでは、結婚は家同士の契約であるのが一般的でした。

指輪は花婿側が差し出す対価の一部や、契約の証明だったのです。

9世紀になると、当時のローマ教皇が結婚の証しとして花嫁に指輪を贈りました。

これを機に上流階級の間で指輪を贈り合う習慣が広まり、現代に続く婚約指輪や結婚指輪のきっかけになったと考えられます。

変化する結婚指輪の意味や風習

支配や権力のシンボルから、2人の絆を示すアクセサリーへと変化していった指輪。

ひとつなぎになった輪は永久の愛を表す、円=縁の象徴など、カップルにふさわしい意味が込められていきました。

日本で指輪を贈る習慣が根付いたのは、ジュエリー企業の広告が強く影響したためと言われています。

左手の薬指にまつわる様々な説

結婚指輪を左手の薬指にはめる理由には諸説あります。

その一部を紹介しましょう。

・ 心臓を守るための魔除け

心臓につながる重要なパーツである薬指。

ここに指輪をはめることで、災いを退ける魔除け代わりにしたと言います。

・ 生活に支障の少ない指だから

一般的に左利きの人は少なく、薬指自体も単独で使う機会があまりない指です。

指輪をつけても邪魔になりにくいという物理的な理由も、普及につながった要因かもしれません。

「ROAD OF THE MARRIAGE RING」(征矢・西村・松原・亀井)PDF (参照2019.4.3)
【愛の歴史】結婚指輪はいつからするようになった?|婚約指輪・結婚指輪の専門店 Mariage マリアージュ(参照2019.4.3)
どうして指輪は薬指なの?|ゼクシィ(参照2019.4.3)

薬指以外でも良いの?指ごとに違う意味

左手の薬指にはめるのはあくまで定説や習慣によるもので、他の指につけても構いません。

つける指により意味合いが変わる伝説もあるため、参考の1つにしてください。

意志力や行動力を高める親指

親指は強い意志や行動力を象徴する指。

困難を乗り越えるパワーが欲しい時におすすめです。

集中力やリーダーシップを強める人差し指

指針の役目を持つ人差し指に指輪をはめると、集中力の向上に役立つと言われています。

指導力アップが期待できる、リーダーシップを司る指でもあるのです。

閃きや創造力を与える中指

中指にはスピリチュアルな力が宿るとされ、閃きや創造力をもたらすと信じられています。

指輪をお守りとして身につけるのにも適した指ですよ。

愛と心の平安をもたらす薬指

左手の薬指は愛を深める、右手の薬指は心を穏やかにする意味を持っています。

どちらも家庭円満にとって縁起の良い指となるでしょう。

魅力や運をアップさせる小指

小指にはめる指輪はピンキーリングと呼ばれ、身につけた人の魅力を高めてくれる言い伝えがあります。

新しい出会いや交流のチャンスをもたらしてくれるでしょう。

cullent | リングを着ける指の意味 | 指元から始まるもう一つのストーリー(参照2019.4.3)
FOR FINGERS 指輪をはめる位置の意味 リングパワーとは – BLOOM(ブルーム)公式通販(参照2019.4.3)
ちゃんと意味がある。指輪をつける指でなりたい自分に | abox(参照2019.4.3)

結婚指輪Q&A!婚約指輪との関係や選び方などを解説

実際の指輪選びに役立つ様々な情報を集めました。

婚約指輪に関する知識もあわせてチェックしてください。

婚約指輪と結婚指輪について

結婚にまつわる指輪には、結婚指輪の他に「婚約指輪」があります。

プロポーズのタイミングで贈るのが定番でしょう。

元々は婚約を証明する婚約指輪の方が先に生まれ、結婚式で交換する結婚指輪はその派生と考えられます。

・ 結婚指輪と婚約指輪は兼用しても良いの?

婚約指輪と結婚指輪を兼用しても問題ありません。

兼用の主なメリットは、指輪の購入費を抑えられることです。

その分旅行や新生活への費用にあてるなど、指輪以外への資金確保も可能に。

互いの価値観や気持ちも含めて検討しましょう。

・ セットリングという手もあり

別々に購入する手間を省いてくれるのが「セットリング」です。

セットリングとは、婚約指輪と結婚指輪がセットになった商品のこと。

指輪選びの悩みを解消するほか、デザインに統一感が出ておしゃれ度が高まるでしょう。

宝石はつける?つけない?

婚約指輪にはダイヤモンドを装飾し、豪華に仕上げるのが定番。

反対に、結婚指輪は普段使いしやすいシンプルなデザインが多くなります。

結婚指輪にも宝石を付ける場合は、メレダイヤモンドを使ったエタニティリングなどが人気です。

兼用する場合は、弔事の場でつけても不自然でないデザインをおすすめします。

基本的な選び方について

結婚指輪や婚約指輪を選ぶ際には、「予算」、「素材」、「デザイン」の3点に着目して候補を絞ってみましょう。

重要な3点を決めることで、指輪選びがスムーズになりますよ。

・予算は事前に相談しよう

婚約指輪は男性が贈るケースが多いですが、結婚指輪は2人で購入することも珍しくありません。

あらかじめ2人で予算を相談しておくのが、トラブルを予防する鍵。

お互いの要望を伝えあい、無理のない予算に設定してくださいね。

・素材を選ぼう

指輪に使われる素材は、見た目や付け心地などを考慮して選びます。

毎日つけるのであれば、耐久性にもこだわると安心。

一般的にはプラチナやゴールドが多いですが、シルバーやステンレス、チタンなど様々な素材がありますよ。

・ デザインを決めよう

シンプルなリング以外に、ウェーブ加工や工夫を凝らしたカット面など、多彩なデザインがあります。

2人の好みを尊重するのはもちろん、ブランドごとの特徴や合わせやすさにも注目を。

男女でお揃いにするのか、少しデザインを変えるのかもポイントとなるでしょう。

婚約指輪と結婚指輪の違いは何?いつまでも着用するためのポイント | 結婚指輪・婚約指輪のアンジェリック フォセッテ(参照2019.4.3)
結婚指輪の選び方!注意すべき4つのポイント | 結婚指輪人気ランキング『WILLMARI』(参照2019.4.3)
婚約指輪と結婚指輪の違い | BRILLIANCE+(参照2019.4.3)

結婚指輪を左手の薬指にはめるのは古代ローマの風習が起源

左手の薬指に結婚指輪をはめるのは、心臓とつながる指という古代ローマ人の思想に由来します。

支配的な意味から徐々に愛の象徴へと変わり、結婚の証明や絆を示すという概念が一般的になりました。

指輪は他の指にはめることで意味が変わるので、それを考慮してつけるのも良いでしょう。

節目を記念する結婚指輪ですから、2人が納得したものを選んでくださいね。

出典
指輪(リング)の起源・由来について|ゴールドプラザのコラム(参照2019.4.3)
結婚指輪っていつから始まったもの? 結婚指輪の由来と意味とは|銀座ダイヤモンドシライシ | 婚約指輪・結婚指輪の銀座ダイヤモンドシライシ(参照2019.4.3)
古代ローマから続く「結婚指輪」の歴史と由来|婚約指輪・結婚指輪のI-PRIMO(アイプリモ)(参照2019.4.3)
いつから始まったの? 婚約指輪と結婚指輪の由来|結婚指輪・婚約指輪|ゼクシィ(参照2019.4.3)