写真を撮る時「ピースサイン」するのはなぜ?驚愕の起源と海外から見たピースサイン


カメラを前にしてとる「ピースサイン」、「Vサイン」とも呼ばれますね。

日本人にとっては、写真撮影時のお決まりポーズでもあります。

なぜピースサインをするのか、ポーズの意味や歴史をたどっていきましょう。

スポンサーリンク

写真撮影時にピースサインをする理由はズバリ…!

Where(どこで)
 日本では

Who(誰が)
 井上順が

When(いつ)
 カメラのTVCMに出演した時に

How(どのように)
 ピースサインを披露したことで

写真を撮る時のポーズとして広まりました。

井上順さんがTVで披露したのがキッカケ!写真で使うのは日本特有?


写真撮影時の「ピースサイン」を日本で広めたのは、芸能人の井上順さんだと言われています。

彼が出演したカメラのTVCMで、ピースサインをしたのがキッカケ。

日本では写真の定番ポーズですが、海外では勝利を意味する「Vサイン」や、“平和= Peace”のジェスチャーとして知られています。

ピースサイン・Vサインの起源や歴史

ピースサインの起源には諸説ありますが、ここでは有名な2つの説を歴史の古い順に紹介します。

今では考えられないような、残酷な逸話も残っているのです。

1. 戦争の中で生まれた「挑発」のポーズ


1つ目は、仏英間の百年戦争で生まれた説。

当時のフランス軍は、捕虜となったイギリス兵の指を切り落としていたのだとか。

強力な武器であった“長弓”を使えないようにするためです。

これに対し、2本の指を見せて挑発したのがイギリス兵。

「切れるものなら切ってみろ」の意図を込めて、人差し指と中指を立てたのが、ピースサインの元になったと言われています。

あくまでも通説として広まっているもので、歴史的根拠があるかは不明です。

2. チャーチルが示した「勝利」のポーズ

2つ目は、元イギリス首相のウィンストン・チャーチルが起源という説。

第二次世界大戦中、彼が頻繁に見せていたのが、人差し指と中指を立てたVサインです。

勝利(Victory)」を意味するこのポーズ。

チャーチルが“勝ち”に強いこだわりを持っていたことがわかります。

その強固な意志は、英国軍を勝利へと導きました。

やがて平和の意味を持つように


いずれの説でも、ピースサインの由来には戦争が関わっています。

その意味を変えていったのも、やはり戦争でした。

ベトナム戦争に反対する運動の最中、同じポーズを「Peace(平和)」の象徴として使う人たちが現れたのです。

同時期から、戦争に勝つことを表していたVサインは、戦争のない平和を意味するピースサインとして広まっていきます。

日本でピースサインが普及したのは?


“勝利”や“平和”のイメージ以上に、日本では“写真のポーズ”として認知されているピースサイン。

この理由は、芸能人の井上順さんが出演していたカメラのCMにあります。

井上さんがアドリブでピースサインをしたことから、写真撮影時のポーズとして定着。

TVや芸能人の影響力もあり、日本全国に広まったものと思われます。

あまりにも有名なあのサインは戦争から生まれた?【1日1分リーディング道場】 – えいごism(参照2021.1.11)
2020年の女子高生はどんなピースをしているか :: デイリーポータルZ(参照2021.1.11)
伊達男すぎる首相ウィンストン・チャーチルのVサイン | MEN’S Precious(メンズプレシャス)(参照2021.1.11)
第二次世界大戦・欧州戦勝記念日のロンドンで何が起こったか – VE DAY 75周年記念 – 英国ニュース、求人、イベント、コラム、レストラン、ロンドン・イギリス情報誌 – 英国ニュースダイジェスト(参照2021.1.11)
昭和ドーナツ盤ギャラリー(参照2021.1.11)

海外では真逆の意味?ピースサインの注意点

日本ではカメラの前で行うピースサイン、海外では謎の行動に見られる場合があります。

同じポーズでも、それだけ意味や用途が違うということ。

国によっては十分注意を払わないと、大失敗に繋がる恐れがありますよ。

・ギリシャではNGなピースサイン


ピースサインといえば、勝利や平和などポジティブな意味に捉えがち。

しかし、ギリシャでのこのポーズは侮辱のサインです。

中指を立てるのと同じ意味になるので、使ってはいけません。

指で数をかぞえるときは、親指と人差し指で2を表現します。

・ 裏ピースが御法度の国も

一般的なピースサインは、手の甲が自分側に向いています。

これを逆にし、手の甲を正面に見せるのが「裏ピース」。

イギリスやオーストラリアなどでは、相手を辱めるNGなサインなのです。

日本だとピースサインのアレンジで済みますが、海外では通じないのでご注意を。

ピースサインは危ない?現代特有の注意点


背景の建物や、瞳に写り込んだ景色から、その人の住所を特定できてしまう。

SNS上の写真から起こりうる問題ですが、ピースサインにもリスクが潜んでいます。

映った指から指紋を抜き取り、指紋認証が必要な決済などに悪用される恐れがあるのです。

カメラによっては、3メートル離れた距離からも指紋が読み取れるのだとか。

指紋以外にも、顔や目などの生体認証システムは増えていますよね。

これらも自撮り写真から盗まれる危険性があるため、取り扱いに注意してください。

【危険度別】海外で外国人にやってはいけない9のハンドサイン。日本語教師に聞いてみた – LIVE JAPAN (日本の旅行・観光・体験ガイド)(参照2021.1.11)
【指紋ネット盗難】「ピースサインは危険!!」 3メートル離れて撮影でも読み取り可能  – 産経ニュース(参照2021.1.11)
「ピースサイン」の写真で指紋が盗まれる!? | SciencePortal China(参照2021.1.11)
写真を撮るときのピースサインはNG?海外では通用しない日本の常識 – TRiP EDiTOR(参照2021.1.11)

ピースサイン以外にもある!おすすめの写真撮影ポーズ


ピースサインって定番すぎて、なんだか恥ずかしい。

そう感じているあなたに、ピース以外の写真撮影ポーズを提案します。

流行になったあのサインから、写真うつりがアップするものまでご紹介!

指でハートを作る「キュンです」

親指と人差し指を交差させ、ハートに見えるようにするハンドサインが「キュンです」。

中高生を中心にトレンドにもなった、人気のポーズです。

両手でハートを作るよりもさりげなく、男女ともに抵抗なくできますね。

小顔効果を味方に!「歯痛ポーズ」


「歯痛ポーズ」とは、頬杖をつくように片方の頬を手で覆う仕草のこと。

顔が手で隠れるため、そのぶん小顔に見せることができます。

カメラとの距離が近い時に、頼りになるポーズです。

「アイテム」を利用したポーズ

特別な格好をするのが苦手なら、身近な「アイテム」を使ったポーズはいかが?

流行りのスイーツを片手に、雑貨を顔の隣に寄せるなど、少しの工夫でおしゃれな写真が撮れます。

物を近くにおいて、自分は遠くに……など、遠近感も利用すれば、トリックアートのような面白い一枚に。

戦争に由来するピースサイン、日本では芸能人の影響で写真の定番ポーズへ


起源が諸説あるピースサインですが、戦争に由来するポーズだったと考えられています。

のちに反戦運動の影響で、平和的なサインとして広まりました。

日本では、井上順さんがTVでピースサインを披露し、それを機に写真撮影のポーズとして定番化。

ピースサインを含め、自撮り写真をSNSにアップする際には、現代特有のリスクに注意して下さい。

ピースサイン以外の素敵なポージングでも、写真撮影を楽しみましょう。

出典
撮影時のピースサインは滅ぶのか?(神田敏晶) – 個人 – Yahoo!ニュース(参照2021.1.11)