犬と猫の運動能力の違いは?それぞれの得意分野、散歩時のポイント


ペットとしての犬と猫、どちらも可愛くて大人気です。

野生のルーツを探ると、それぞれ異なる運動能力に秀でていることがわかります。

犬と猫の運動能力にはどんな違いがあるのか、各特徴を知っておきましょう。

スポンサーリンク

犬と猫、運動能力の違いはズバリ…!

Which(どちらが)
 犬は

Why(なぜ)
 長距離を走って獲物を狩る習性があるため

How(どのような)
 持久力が高い

特徴があります。

Which(どちらが)
 猫は

Why(なぜ)
 瞬間的に獲物を狩り、高所に登る習性があるため

How(どのような)
 瞬発力とジャンプ力が高い

特徴があります。

持久力の犬と瞬発力の猫!大型犬ほど噛む力が強く、猫は総じてジャンプ力が高い


一般的な犬と猫の運動能力の差は、持久型瞬発型かという点です。

長距離を走るのに長けている持久型の犬、一瞬でトップスピードに持っていける瞬発型の猫、と表現できます。

犬は大きい犬種ほど噛む力が強大で、小さな個体の多い猫は体の柔軟さやジャンプ力が優秀。

なお、個体や種類によって能力には差があります。

犬の運動能力:集団生活で身についた持久力

犬は群れで生活する動物であり、狩りも集団で行います。

独断で獲物を仕留めるのではなく、みんなで一斉に追い詰めるのが基本です。

獲物が疲れるまで、犬も必死に追いかけ回す。

そんな狩猟スタイルから、自然と持久力が鍛えられていきました。

散歩が大好きな犬が多いのも、狩りのたびにたくさん走ってきた習性由来と考えられます。

・トップスピードが70km越えの犬も!?

長距離走が得意な犬ですが、その速さもかなりのもの。

中でも“グレーハウンド”という犬種は、トップスピードが時速70kmにも達するそうです。

一般的な犬の時速は約50km、猫は約48kmと言われていますから、どれだけ驚異的な速度かがわかりますね。

猫の運動能力:単独生活に必須の瞬発力と跳躍力


単独で狩りをする猫、ハンティングは獲物の隙を狙う待ち伏せ型です。

じっと待機して一気に獲物に襲いかかる瞬間は、目にも留まらぬ速さ。

確実に相手を仕留めるために培われた、猫ならではの瞬発力が成せる技です。

高い所に楽々ジャンプできる跳躍力も特徴でしょう。

単独行動の習性から、自分の身も自分で守る必要があります。

優秀なジャンプ力は、敵に狙われにくい高所での生活に必要不可欠。

野生界で生き延びるための必須能力だったと推測できます。

・猫の体はとってもしなやか

猫は高いところから落ちても、しっかり足から着地できる体の構造をしています。

人間とも犬とも異なる骨格なため、体をひねったり反転させるなどのアクロバティックな動きが容易にできるのです。

肉球は着地のショックを和らげたり、音を立てずに歩くのにも役立っています。

運動神経と行動学 | ペットショップのコジマ(参照2020.5.27)
実は犬よりも凄いかも?猫の身体能力の秘密とは | 猫壱(参照2020.5.27)
犬の驚くべき身体能力について | わんちゃんホンポ(参照2020.5.27)
猫の身体能力が凄い!犬、人との違い(参照2020.5.27)
犬vs人間 最速なのはどっち!? – ペットシッターSOS – 全国展開のペットシッターサービス(参照2020.5.27)
犬vs猫!足が速いのはどっち? | わんちゃんホンポ(参照2020.5.27)
猫の足の速さは時速48キロ!猫種の違いや他のネコ科との比較(参照2020.5.27)
グレーハウンド | 一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(参照2020.5.27)

噛む力は犬猫共に人間の倍!?大型犬ほど強い


走る以外の能力ですが、犬も猫も噛む力は人間より上と言われています。

人間の噛む力が平均で40〜60kg、小型犬や同じくらいの大きさの猫は100kgほどあるのだとか。

さらに犬は猫より体格の大きな個体がいますから、噛む力はより増大。

大型犬だと200kgに達するほど、とてつもないパワーがあるのです。

犬や猫は、自らの歯や顎の力だけで食事をしますよね。

道具で食べ物を細かくできる人間と比べれば、必然的な差と言えるでしょう。

犬の爪は走行を補助し、猫の爪は攻撃や木登りに特化

走りや狩猟能力に関係する“”。

犬にとって爪は、靴の裏にあるスパイクに似た役目を持ちます。

どんな場所でもしっかり地面を蹴り、力強く走るために進化を遂げた形です。

一方猫の爪は、普段の生活ではしまわれていて見えません。

狩猟や木登りの時になると、先の尖った鋭い爪があらわに。

相手を攻撃したり、引っ掛けて登るのに有利な形状となっています。

犬と猫の先祖は同じ!拠点が別れてそれぞれの道へ


運動能力に違いがある犬と猫ですが、祖先は同じ動物と考えられています。

ミアキス」と呼ばれる、イタチに似た動物です。

約5000万〜6000万年前に生息していたとされるミアキス。

森の木の上で生活する肉食動物でしたが、平原へと拠点を移す個体達があらわれます。

やがて森に残った個体達が猫へ、平原へ移った個体達が犬へと進化を遂げていったのです。

ミアキスの生活環境の変化が、それぞれに適応した運動能力を身につけさせていったのでしょう。

犬って実はこんなにスゴイ動物! 犬の身体能力の“秘密”に迫る|いぬのきもちWEB MAGAZINE(参照2020.5.27)
噛む力は100kg…?猫の歯の仕組みについて【ねこのはてな】 | PETomorrow(ペットゥモロー) ~明日も うちの子、元気~(参照2020.5.27)
どちらがいいの?犬と猫の運動神経 | にゃんペディア(参照2020.5.27)
猫の噛む力ってどのくらい?犬よりも強いの? – Yahoo! JAPAN(参照2020.5.27)
犬の噛む力ってどのくらい?本気で噛みついたときの力を検証 – ペットシッターSOS – 全国展開のペットシッターサービス(参照2020.5.27)
犬の足はどうなっているの?構造や歩き方についてご紹介!|docdog(ドックドッグ)(参照2020.5.27)
猫について、猫の祖先ミアキスから進化してきた経緯について(参照2020.5.27)
犬と猫の共通祖先「ミアキス」って知ってる??犬好きなら知っておきたい犬と人が共に行動するようになるまでの進化の歴史|犬の総合情報サイト ペットスマイルニュースforワンちゃん(参照2020.5.27)
【ペットの健康講座】(3)猫のルーツは犬と同じ? (1/2ページ) – 産経ニュース(参照2020.5.27)

脱運動不足!ペットとしての犬と猫の運動を考えよう


犬も猫も、本来持っている習性から運動の在り方を考える必要があります。

肥満解消や健康維持につながる、犬と猫の運動のポイントを見ていきましょう。

犬は定期的な散歩でしっかりと運動を!

獲物を追いかけて走り回る、これは犬に元々備わっている本能です。

そのためか、外遊びや散歩が好きな個体が多いですね。

犬にとって散歩は単なる運動以外に、新たな刺激や気分転換の役目も果たしているのだとか。

いわばストレス発散の場にもなっているのです。

定期的な散歩や運動は、犬の精神・肉体的な健康維持に必須と言えます。

いつもの散歩コース以外に、広い場所で道具を使ったレクリエーションなども良いでしょう。

・運動を通してコミュニケーション

群れの中で生活してきた犬にとって、飼い主との触れ合いは欠かせません。

社会性の高い動物ですから、遊びを通じてたくさんコミュニケーションをとってあげましょう。

犬は上下関係を重んじる動物でもあります。

自分より飼い主が上だと認識させることも、犬が外で安全に運動する上で大切です。

猫に強制的な運動は必要ない?無理強いは禁物


長時間体を動かす習性がない猫は、散歩など意図的な運動は必要ないと言われてきました。

単独行動を好む性格から、知らない人がいる場を嫌います。

室内飼いに慣れた猫をいきなり外へ連れ出すと、恐怖心や不安を煽る恐れが。

子猫の頃から慣れているならともかく、嫌がる猫を無理に連れ出すのは避けましょう。

一緒に散歩をしたい場合、キャリーバッグの中だけ、ハーネス着用の上で抱っこするなど、最初は屋外環境に慣れさせるのが優先。

猫が怯えたり、嫌がっていないか観察してみてください。

肥満解消のために運動をさせたいケースでも、食事管理などに問題がないか、先に動物病院で相談することをお勧めします。

・室内で自由に上下運動ができる環境を

猫は高い所が好きで、それ故に身についた跳躍力があります。

キャットタワーなど猫が上下運動できるものを確保すれば、気が向いたときに赴くはず。

飼い主が無理に運動させようとするよりも、猫のペースで自然と体を動かせる環境作りを意識しましょう。

【プロドッグトレーナー監修】 犬は、なぜ散歩をする必要があるのか | ペットニュースストレージ(ペット&ファミリー損保)(参照2020.5.27)
猫の散歩は必要? – 獣医師が解説 | マイナビニュース(参照2020.5.27)
猫は犬と違って散歩がいらない動物?猫に散歩は不要論が強いワケ | PETPET LIFE(参照2020.5.27)
猫に散歩は必要なの? 犬とはまったく異なるその作法|NEWSポストセブン(参照2020.5.27)

散歩が大好きな持久型の犬、瞬発力とジャンプ力に秀でた猫!進化の分かれ目が運動能力の差に


一般的に犬は持久力が高く、長距離を走るのが得意。

猫は瞬発力とジャンプ力が優秀です。

ミアキスを先祖に持つ犬と猫、生活拠点の分かれ目が、現在へ繋がる進化の岐路になったと考えられています。

ペットとしての運動管理にもそれぞれ違いがあるほか、個体ごとの性格や趣向にも配慮してあげましょう。

出典
ねこの身体能力 | わんにゃんライブラリー | とやま動物愛護ホームページ(参照2020.5.27)
犬の身体能力 | わんにゃんライブラリー | とやま動物愛護ホームページ(参照2020.5.27)
犬と猫はどちらが走るのが早い?カラダのつくりが関係してるの知ってた?(参照2020.5.27)
犬と猫の違いって?見た目や性格、生物学上の特色まで。 | ヒルズペット(参照2020.5.27)
猫と犬で違う所は?歴史や体のつくり、飼い方の違いまで(参照2020.5.27)