関東と関西『電気』の違いは?特殊な日本の電気事情、引越し時の注意点


日本の電気には、世界にはあまりみられない珍しい特徴があります。

その1つが、関東と関西における“電気の違い”です。

東西の電気の違いを知れば、引越しの際にも役立てられますよ。

スポンサーリンク

関東と関西、電気の違いはズバリ…!

Where(どこで)
 新潟県と静岡県のあたりを境に

What(何が)
 電気の周波数が

How(どのように)
 50Hzと60Hzにわかれています。

Which(どちらが)
 東日本側は

How(どのような)
 50Hzで

Which(どちらが)
 西日本側は

How(どのような)
 60Hzです。

東西で違う「周波数」。東側は50Hz、西側は60Hzになっている


関東と関西では、電気の「周波数(Hz/ヘルツ)」が異なります。

新潟県の糸魚川から、静岡県の富士川までを境目とし、そこから東側が50Hz、西側は60Hzです。

「電圧(v/ボルト)」は全国で統一されており、一般向けが100v、工業用が200vとなっています。

なぜ東西で周波数が違うのか

東西で周波数が違う理由は、海外から発電機を輸入した明治時代にあります。

東日本の電力会社はドイツから、西日本はアメリカから発電機を購入しました。

当時ドイツ製の発電機は、周波数が50Hz、アメリカ製は60Hzだったのです。

これをきっかけに、関東と関西で周波数のズレが生じてしまいました。

そもそも「周波数」とは?


一般家庭に電気を普及する仕組みは、主に“交流”です。

その特徴は、電流が波のように変化すること。

電気が1秒間に波打つ回数を「周波数」といいます。

山→谷の波で1回とし、その波が1秒間に50回あれば50Hz、60回なら60Hzということです。

周波数が違うとどうなるの?

周波数の違いで起こる問題は、家電への影響です。

片方の周波数に合わせて作られている場合、違う周波数のエリアで使うと故障や性能低下につながる恐れが。

Hzを問わず使えるものもありますが、「50Hz」または「60Hz」と記載されている家電は、対応周波数の地域で使いましょう。

・周波数を気にせず使えるもの、そうでないもの

一般的な家電の中で、“周波数が違っても使えるもの・使えないもの・性能が変化するもの”、それぞれの目安は以下の通り。

代表的な家電の一部ですので、実際は製品ごとの表記を確認してください。

使える家電
テレビ、パソコン、ラジオ、アイロン、トースター、電気コタツ、電気ストーブ、電気毛布、電気ポット、白熱電球 など
使えない家電
洗濯機、電子レンジ、タイマー、電気時計、衣類乾燥機 など
性能が変わる
掃除機、扇風機、ジューサー/ミキサー、換気扇 など

地域と周波数 – 電気のマメ知識|中部電力(参照2021.1.25)
なぜちがう周波数ができてしまったの?|教えて!かんでん|関西電力(参照2021.1.25)

周波数を統一することはできないの?


これまでに何度か、周波数の統一は検討されたそうです。

しかし、莫大なコストがかかることを理由に、実現されていません。

近年は、周波数を気にせず使える家電が普及しています。

手間をかけて統一する必要性が低下したことも、差が残った一因かもしれないですね。

世界と日本の電気の違い

日本の電気は、世界的に見ると珍しい特徴を持っています。

これまでのべてきた、地域による周波数の違いがその1つ。

大抵は国ごとに周波数が統一されていますが、日本では明治時代から別々のままです。

電圧が低いのも、世界的に見るとレアケース。

国内の家庭用電圧は100vですが、中国や韓国、ロシア、ドイツなどでは200vを超える国が多いのです。

感電時における人体へのリスクが低いことが、低電圧の主な理由でしょう。

電気の知識|株式会社YAMABISHI(参照2021.1.25)
地域と周波数 – 電気のマメ知識|中部電力(参照2021.1.25)
なぜちがう周波数ができてしまったの?|教えて!かんでん|関西電力(参照2021.1.25)
東日本と西日本で周波数が違うのはなぜか – 東北制御(参照2021.1.25)
電気学会:電気広報特別委員会 周波数について(参照2021.1.25)
周波数が機器にどのような影響を与えるか | 音声付き電気技術解説講座 | 公益社団法人 日本電気技術者協会(参照2021.1.25)
電源周波数地域(50Hz地域/60Hz地域)について | お知らせ:シャープ(参照2021.1.25)

周波数の差に注意!引越し時の家電選びアレコレ


東西間の引越しにともない、周波数の違うエリアへ住む場合。

家電関係の準備が必須なので、そのポイントを把握しておきましょう。

まずは引越し先の周波数を確認

周波数の境目は、新潟県の糸魚川と、静岡県の富士川を南北に結んだラインです。

線上にある群馬県や長野県の一部も、周波数の差が生じるエリアとなります。

境目付近では、50Hzと60Hzが混在しているケースも。

その近辺に引越す際は、管轄の電力会社へ問い合わせておきましょう。

東日本から西日本へ、あるいはその逆の場合も、これまでと周波数が違うかどうか確認すると良いですね。

家電の対応Hzをチェック


家電によっては、50Hz、または60Hzでの使用を前提に作られているものがあります。

上でもあげたように、「50Hz」「60Hz」いずれかのみの表記ならご注意を。

周波数の異なる地域に引っ越す際は、対応の製品かを確認しておきましょう。

特に古い家電、安い家電は片方のHzのみ対応の場合があるので、念入りにチェックしてください。

両Hzに対応する「ヘルツフリー」家電

家電表記に「50Hz/60Hz」と書かれているなら、いずれのエリアでも使えます。

こうした機器は“ヘルツフリー”と呼ばれ、Hz差を気にせず使用可能。

ヘルツフリー家電には、周波数を適切に変換してくれるインバーターが内蔵されています。

そのため、どちらの周波数であっても安全に使用できるのです。

使えない家電はどうする?


引越し先の周波数に対応していないので、家電を処分したい。

そうした家電は売れる可能性があるため、買取店にて見てもらうのがおすすめです。

プラス査定ならお金になり、臨時収入が得られるケースも。

値がつく状態ではなくても、専門のリサイクル業者に頼めば、無料で回収してもらえる場合があります。

粗大ごみに出せる家電であれば、該当日に廃棄しておくのも一手です。

電気の周波数は境界から東側が50Hz、西側が60Hz。引越し時は要確認!


日本の東西で電気が違うと言われるのは、「周波数(Hz)」のことです。

新潟県から静岡県の該当エリアを境目とし、そこから東側は50Hz西側は60Hzになっています。

家電によってはいずれか片方のHzにのみ対応するため、引っ越す際は確認を。

最近はインバーター内蔵のヘルツフリー家電が増えており、その場合はいずれの周波数でも使用可能です。

出典
電気の不思議 世界の電圧・周波数はなぜ違う|NIKKEI STYLE(参照2021.1.25)
電気の周波数(50/60Hz)について(参照2021.1.25)
製品の「電源周波数」を調べる|洗濯機:シャープ(参照2021.1.25)
周波数とは | 電磁波 | 会社情報 | 関西電力送配電株式会社(参照2021.1.25)